あなたは、妥協して製造業の求人を探したいですか?
それとも、妥協せずに希望通りの求人を探したいですか?
もし、妥協せずに希望通りの求人を探したいのでしたら、このサイトを読み続けて下さい。
やりがいのある仕事に出会えるかもしれませんよ。

求人数業界No,1!製造系エンジニア専門の無料転職支援サービスとは?

やりがいのある仕事に就きたい!
あなたはそう思っているのではありませんか?

 

製造の求人を探す時、自分のやりたいことや作りたいこと、または得意分野で活躍したい!
そう思いますよね?

 

しかし現実は、そう簡単に自分のやりたい仕事に出会うことは少ない、、、
だから、ある程度妥協して求人に応募するのではないでしょうか?

 

でも、やはり自分のやりたい仕事に就きたいですよね?

 

そこで、ご紹介したいのが、製造系エンジニア専門の無料転職支援サービス「メイテックネクスト」です。

 

メイテックネクストは製造業の転職求人数が8,000件以上もある、
エンジニアに特化した無料の転職支援サービスです。
他の転職支援サービスとは違い、製造系エンジニア専門の無料転職支援サービスなのです。

【内定先の企業(例)】

 

例えば、

電気・電子・半導体分野
機械・メカトロ分野
化学・素材分野
組み込みソフト分野
プラント・エネルギー・インフラ業界
自動車業界
医療機器業界

 

などの多岐にわたる製造業の転職求人が、大手も含めて常時8,000件以上もあります。
製造業の求人数が8,000件以上もあれば、あなたのやりたい仕事が見つかると思いませんか?

 

しかも、全求人の80%は非公開求人・独占求人です。
つまり、ハローワークや一般求人では公開されていない求人ばかりなのです。

 

また、転職支援コンサルタントは、半数以上がメーカーの技術系分野出身である為、
あなたの希望職種やキャリアなどを深く分析することができ、あなたにマッチした求人をご紹介してくれます。
もちろんすべて無料です。

 

ハローワークや一般求人では公開されていない求人がばかりですので、
ハローワークや一般求人だけから探して、妥協して仕事を決めていてはもったいないですよ。

 

メイテックネクストで求人を紹介してもらうには、

こちらをクリックして無料登録を行って下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの希望通りの職種に就ける3つの理由とは?

メイテックネクストでは、『失敗しない転職』をモットーにサービスを展開しております。
ですので、あなたの希望通りの職種に就ける可能性が非常に高いのです。

 

では、なぜ希望通りの職種に就けるのか?
今からその理由をお伝えしたいと思います。

 

メイテックネクストなら希望通りの職種に就ける3つの理由とは?
あなたの希望職種やキャリアを、メイテックネクストの転職支援コンサルタントが

深い技術知識に基いて分析する為、あなたに合った製造業の求人をご紹介することができます。

 

製造系エンジニア専門の転職支援では業界No,1の求人数を誇ります。

製造業の求人数は常時8,000件以上もあります。
ですので、選択肢が多い為、あなたが希望する職種も見つかりやすいのです。

 

メイテックネクストの転職支援コンサルタントは、各企業の担当者と密に連絡を

取っているので、あなたに内情を踏まえて的確なアドバイスをお伝えすることができます。
その結果、選考に通過しやすいのです。

以上のような理由から、メイテックネクストの転職支援サービスなら、あなたの希望通りの職種に就けるのです。

 

メイテックネクストで求人を紹介してもらうには、

こちらをクリックして無料登録を行って下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

非公開求人・独占求人も多数保有しているので通常の5倍の求人数から仕事が探せる!

さらに、メイテックネクストは非公開求人・独占求人も多数保有しております。
メイテックネクスト全求人の80%は、一般に公開されていない「非公開求人」です。
また、メイテックネクストでしか募集していな「独占求人」も多数あります。

 

例えば、非公開求人の場合ですと、

製造業の非公開求人

 

また、独占求人の場合ですと、

製造業の独占求人

 

このような、製造業の非公開求人・独占求人を多数保有しているので、
あなた自身がサイトで探す場合の5倍の求人数から仕事を探すことができるのです。
当然、あなたにピッタリ合った求人をご紹介する可能性が高くなります。

 

もし、あなたが希望通りの職種に就きたいのなら、
メイテックネクストで、あなたの希望通りの求人を紹介してもらったらいかがでしょうか?

 

メイテックネクストで求人を紹介してもらうには、

こちらをクリックして無料登録を行って下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>

メイテックネクストの転職成功事例

では次に、実際にメイテックネクストで転職を行った方々の体験談をお聞き下さい。

 

製造業の転職成功事例(回路設計)

 

製造業の転職成功事例(分析)

 

製造業の転職成功事例(設備設計)

 

製造業の転職成功事例(設計・開発)

 

製造業の転職成功事例(機会設計)

 

製造業の転職成功事例(フィールドサービスエンジニア)

 

製造業の転職成功事例(品質保証)

 

製造業の転職成功事例(研究開発)

 

メイテックネクストで求人を紹介してもらうには、

こちらをクリックして無料登録を行って下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

メイテックネクストの転職支援サービスについてのQ&A

サービスを受けるのに、費用はかかりますか?

平日は仕事で、コンサルタントに会う時間がないのですが・・・

転職をきめるまでに期限があり、転職を急がされるイメージがあるのですが・・・

未経験の職種や業界への転職例はありますか?

なぜ、他サービスにない求人が、メイテックネクストに多数集まるのですか?

コンサルタントに求人を勧めてもらうと、それに押し切られてしまうのでは。自分で求人を見ながら判断した・・・

登録したら、すぐに会わないといけませんか?

遠方に居住していて、カウンセリングに行くことが出来ません。

メイテックネクストで求人を紹介してもらうには、

こちらをクリックして無料登録を行って下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

製造業界で活躍している方たち

広範な知識や技量が身についた

 

半導体設計の仕事に取り組んで、ちょうど10年を経過しました。
学校では機械を専攻していて、いずれは、そのジャンルでの職業に就きたいと考えていたのですが、就職が決まった先は電気・電子・半導体分野の会社でした。
とはいえ、製造系エンジニアであることに変わりはなく、私としては、その世界で技量をつけていきたいとの思いでいっぱいでした。
当時の日本では、多くの産業分野でエンジニア不足が深刻な課題とされていました。
とりわけ、半導体関連の業界では、エンジニアを求める声が高かったという背景があったようです。
日本がIT産業で優位性を維持するためにも、半導体設計の能力を強化することは、国策上も求められていたのです。
入社して私が最初に担当したのは、システム設計を電子回路で実現するためのロジック設計の部門でした。
半導体に関する知識はほとんどなく、猛烈なスピードで勉強して身につけていきました。
私自身の勉強と同時に、実務をこなしていかなければなりませんでしたので、最初のうちは、息をつぐ暇もなかったほどの多忙な日々を送りました。
気がついた頃、私にも相応の職務を任されるようになり、ロジック設計の段階から、実際にパーツを並べて詳細な回路を設計する回路設計に携わるようになりました。
また、設計業務を行うにはCADのテクニックも必要でしたので、それも体得しました。
おかげで、回路記述に関しても大きな自信を持てるまでになったと自負しています。
半導体に限らず、製造系エンジニアの仕事は、非常に広い範囲をカバーしなければなりません。
だからこそ、広範な知識や技量が身についたのだと感謝しています。

 

機会好きだった私の天職

 

物心のついた幼少期から、機械遊びが大好きでした。
一連の工程でもって動くメカニズムに興味が尽きず、工場見学などの機会があると、優先して参加したものです。
機械が動いている様子を見ているだけで退屈することがありませんでした。
友人からは変わりもの扱いされていましたが、私には充実したひとときであったのです。
そんな機械好きの私ですので、進学も就職も、迷うことなく機械・メカトロ分野を選びました。
いずれは、製造系エンジニアとして働きたいとの夢があったからです。
就職した会社は、産業機械メーカーでした。
大型クレーンや船舶用エンジン、シールドマシンなど、日常生活からは離れた世界の機械を提供している会社でした。
入社して、まず配属された部署は、シミュレーションを活用することで、設計業務を効率化させるセクションでした。
本来であれば、現物そのものを試作して、多面的な実験をするべきなのですが、高額な商品であることもあって、バーチャル実験を行うというものです。
コンピュータ上でシミュレーションしてみることによって、試作費用を少なくしたり、あるいは期間を短くすることができますので、品質や機能のより高い製品の開発が可能となってきます。
シミュレーションを活用することで、設計者からの要請や相談に対応する業務を担当していたのが、最初の年でした。
その後は、設計の部署にまわり、みずからが設計開発を手掛けることもありました。
入社してからの期間が経過するにつれて、求められる仕事の完成度も高くなり、責任も重くなってきました。
それだけに、完成したときの達成感はひとしおです。
まさに、製造系エンジニア冥利に尽きるとは、このことを言うのだと思います。